著者プロフィール|谷重岳路の本(電子書籍等)の販売PRを行う鱗燦堂です

鱗燦堂

著者プロフィール

著者プロフィール

●兵庫県西脇市出身●1952年4月生まれ
●高校卒業後、恩師より紹介を受けた大阪・堺市の船舶用電線製造会社に就職する。かたわら近畿大学の夜間部で学ぶ。その後、奈良・大和高田の人形店で勤務後、上京する。上京後、原稿を携えて「井伏鱒二」宅などを訪問する。「井伏鱒二」氏や「吉行淳之介」氏より返信をいただく。井伏鱒二先生からは「良い学生になりなさい。もしくは良い社会人になりなさい。わたしは明日からは○×に行きます」という内容。吉行淳之介先生からは「甘ったれるのもいい加減になさい。私に対してという意味ではありません」というお叱りの内容。
上京後は青山のレストランや六本木・青山の洋菓子店で勤務する。洋菓子店でパリに行く機会を得る。そこで出会ったOBは絵描きを目指してパリに渡り、日本人相手の観光ガイドで生計を立てながら好きな絵を描いているという。そのOBがぼそっと呟く。「結局、人間は、どういう形であれ、やりたいと思っていた職業につけるんだな」と。
それほど裕福そうにみえず、幸福でも不幸でもなさそうなOBが呟くその言葉に触発され、約6年間勤務した洋菓子店を退職し、書く仕事を希望して、農業業界紙を発行する小さな新聞社に入社する。
以降、13年間、イベントの運営や取材で全国各地を飛び回る。イベントはもっと大きな規模のものを仕切りたいと思うようになり、広告会社に入社する。その後、人材ビジネスを行う会社で多くの方の就職を支援する業務に従事する。多くの方とお会いし、その方の『人生』を追体験していく。まるで、人生のエキスを毎日味あわせていただいているようで、そのめぐりあわせに感謝、感謝。総じて、満足。いまは念願の著作本のPRに奔走中。

新刊案内

コロビンスキーとのめぐり逢い 【あらすじ】
 ここは六本木の街。六本木交差点にほど近い洋菓子店で僕は勤務している。ここには華やかな世界で生活している人々が入れ替わり立ち代わり現れる。一方で、そこで働く人たちも多様である。僕が勤務する洋菓子店でも、アルバイトの女子大学生が登場しては去っていく。そんな中の一人、泉杜和子がひょっこり『僕』を訪ねて、六本木にやってくる。その日はちょうどアルバイトをしていたもう一人、相川蓮子がベルギーに留学に旅立った日である。その様子を空港まで見送りに行った泉杜和子が僕に話す。相川蓮子に秘かに恋慕の情をもつ僕は、その話を一句漏らさず聞こうと熱心に耳を傾ける。まるでジェット機の轟音に話を遮られているとでもいうように、何回も何回も聞き直す。そんなうれしい時間の推移の一方で、僕の遠い昔の記憶が揶揄するように頭をもたげる。その狭間で、まるで揺れるブランコに乗っているように、『今』の空間に躍り出たり、『昔』の記憶に引き戻されたりしている。
 僕には僕の、泉杜和子には泉杜和子の、相川蓮子には相川蓮子の、それぞれの時間がある。そのそれぞれの時間が、つかのま交錯する。まさしくつかの間の交錯である。その時間軸の変異を汲み取って物語はすすむ……………‥。

PageTop